映画

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」のあらすじ・解説・キャストや関連ニュースまとめ

近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。(Yahoo!映画より)

感想

「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、日本の漫画「攻殻機動隊」が原作です。1995年には、押井守が監督を務めた劇場版アニメが作成され、海外で高い評価を受けました。また、TVアニメシリーズも多く制作されています。今作のルパート・サンダース監督もインタビューで、「オリジナルの大ファンである僕が、ファンのために作った作品」と語っています。

私は昔に劇場版アニメを鑑賞したぐらいで、ほどんど作品に対する知識もなかったのですが、本作の予告編を見てその独特の世界観が気になり鑑賞してきました。予告編は下記になります。

結果、そんな私でも十分に楽しめる映画でした。原作では、「人間の魂=ゴーストとは何なのか、自分が自分であるという根拠とは何か」といったような、哲学的な理解が求められる少し難解なストーリーが特徴なのですが、今作はそういった部分をバランスよく削ぎ落とし、「主人公のミラ・キリアン少佐が自分の本当の記憶を探し求める」という分かりやすいものになっています。

また、近未来の日本を舞台にした独特なサイバーパンク的世界観(街中の色鮮やかなネオンや、巨大な3D広告など)も魅力的ですし、原作の個性あふれるキャラクターも実写でうまく表現されていたと思いました。ビートたけしや桃井かおりなどの日本人キャストも、重要なポジションで活躍していました

音楽も効果的に使われており、劇場版アニメにも使用された、古代日本の民謡を思い起こさせる印象的なメインテーマ「謡(うたい)」が、今作にも「Utai IV: Reawakening」として使用されています。こちらの楽曲、10代の頃に原作を見て、アンドロイドやAIの発達した世界観に影響を受けたというSteve Aokiがリミックスしたバージョンも公開されています。それぞれ視聴は下記から可能です。

1989年の原作漫画から、30年近く経った今でも新しい作品が作られ続けられ、世代や国を超えて愛されている「攻殻機動隊」シリーズ。これを機会に、私も他のコンテンツをチェックしてみようと思います。

解説・疑問点

Q.ハンカ・ロボティクス社とは?
A.政府との共同プロジェクトで、全身の義体化の開発=人間兵器の開発を行っている軍需企業

Q.少佐が公安9課に配属された経緯は?
A.電脳テロ犯罪を取り締まる目的で、全身義体化の唯一の成功者であるミラ・キリアン少佐が配属された。

Q.「クゼ」は何物?
A.ハンカ社の全身義体化プロジェクトの犠牲者の一人。実験は失敗し身体は解体されたが、廃棄される前に意識体をネットワーク上に取り込んだ。その正体は、かつてミラ・キリアン少佐=素子と共に、電脳化に反対する活動をしていたグループの一員で、素子の恋人、ヒデオ

Q.芸者ロボットの記憶を探るために行った「ダイブ」とは?
A.電脳空間や他者の電脳などに、自らの意識入り込ませることを作中では「ダイブ」と表現する。

Q.作品の舞台はどこ?
A.舞台は日本。英語・中国語・韓国語などが一体になった、香港のような街並みは1995年の押井守監督版の「攻殻機動隊」の影響を受けている。

Q.なぜ荒巻課長(ビートたけし)だけセリフが日本語?
A.ビートたけしは英語が話せない為、監督と交渉して日本語でのセリフを承諾してもらった。

Q.吹き替え版の声優は?
A.アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」の声優陣を起用している。

関連ニュース

田中敦子、大塚明夫、山寺宏一!「ゴースト・イン・ザ・シェル」吹き替えにオリジナルキャストが結集
スカヨハ「ゴースト・イン・ザ・シェル」撮影時にビートたけしのカンペ係だった?
「攻殻機動隊」新作アニメ製作決定!監督は神山健治&荒牧伸志

関連グッズ

US版ポスター ゴーストインザシェル 攻殻機動隊 us1 69×101cm 両面印刷 D/S [並行輸入品]
攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です