釣り高知

釣り場ではこんなことも起こる?外道という存在

釣りをされる方はもちろん、そうでない方でも「外道」という釣り用語を耳にしたことがある方は多いと思います。
今回は「外道」という釣り用語にまつわるお話を。

釣りをする上で、ほとんどの場合はターゲットとする魚種が決まってしまいます。
海釣りにおける、岸壁等からのライトゲームや船で沖へ出るオフショアジギング等、複数の魚種を対象にする場合はありますが、多くは単一種をターゲットにします。
バスフィッシングのターゲットはもちろんブラックバス、疑似餌を用いての釣りの代表的なものにエギングがありますが、これの対象魚はイカというように、対象魚はほぼほぼ決まってくるもの。
そんな中で、実は対象魚以外の魚が釣れてしまうことって比較的よくある話なのです。そんなターゲット以外で釣れてしまった魚のことを「外道」と呼びます。
聴こえはあまりよくないこの言葉、元は仏教用語らしいということですが、それにしてもなぜこんなに好ましくない呼ばれ方をするようになったか。それは餌釣りに端を発しています。
ターゲットである魚種を釣ろうと、餌をせっせと針につけ仕掛けを水に投入する中、小さいアタリを伴いつつ上がってくるのは、餌がなくなって針だけになった仕掛け。そう、餌釣りには「餌取り」という存在に苦労するという宿命があります。
海釣りであれば、フグやカワハギ、ゴンズイ等の比較的小さい魚が多く、餌だけを上手についばみ食べていく感じで多くに釣り人に大いに不評を買う存在なのですが、この餌取りがたまたま釣れてしまったことで、誰が名付けたか餌取りの魚を「外道」と呼ぶようになったと言われています。
まぁ餌だけ取られるというのは釣り人にとって嬉しい話では決してない訳で。それでこんな物騒な呼ばれ方をするようになったんですね。
ただ、「良い外道」も存在するんです。カレイを釣っている時に釣れるマダイや、キス釣りでごくたまに釣れるメゴチなんかはわりと嬉しいそうで。確かに餌取りのイメージとはちょっと違います。

さて、バスフィッシングにおいても外道は存在するのでしょうか。
もちろんいます。外道。釣れるとちょっとビックリしたりガッカリしたりします。

① ブルーギル

ブラックバスと同じ外来種。実は今上天皇が皇太子時代の1960年にアメリカから持ち込み、様々な水辺に放流され繁殖しました。当時は「プリンスフィッシュ」と呼ばれていたとか。
残念ながらブラックバスよりも水質汚濁等に強く、非常に繁殖力のある魚で、生態系への影響が懸念されています。ブラックバスも同様の状況ですが、ブルーギルはブラックバスの卵を捕食することを鑑みると、明確にどちらがどうとは計りづらいところもあります。
体長が平均20cm前後にまでしか成長せず、口も小さいので、グラブ系ワームを使っていると尻尾だけ噛み切る等やや迷惑な存在ですが、ブラックバスのいるところにはだいたいブルーギルがいると言われるのは、昔バス釣りファンがブラックバスの餌としてブルーギルを乱放流し拡散したせいだとも言われています。残念ながら自業自得なところでしょうか。

② ナマズ

釣り上げてもどうやら地震を招くようなことはないようですが、こちらもバス釣りの外道としては有名な存在。
とぼけた顔をしているわりに意外と獰猛で神経質なフィッシュイーターで、ハードルアーに襲いかかりパワフルなファイトをすることも少なくないので、ナマズをターゲットにしたルアーやロッドも存在するほど。ヘッドシェイクと呼ばれるそのひねりを伴う暴れ方は、ファイト中にまだ姿が見えなくても「バスじゃない、ナマズだ」とわかります。
釣り味ではある意味嬉しい外道と言える存在ですが、手で持ったり触ったりはちょっと躊躇してしまいますね。

③ ニゴイ

通常見られるコイとは違い、長くて細い魚です。
普通のコイも雑食ですが、ニゴイは特に魚食性が強いと言われており、しばしばルアーに反応を示します。
バス釣りをしていて釣れるニゴイは比較的サイズが大きく、良いファイトをするので楽しい反面、口が長く気持ち悪いので筆者はあまり好きではありません。
上級者はやはりファイトで魚種を見分けられるそうで、ブラックバスと比べると横の動きが多いんだそうです。言われてみれば… とは思いますが、やはりガッカリするのは姿が見えてからと言えるでしょう。

そういえば先日、陸っぱりバスアングラーのカリスマ、村上晴彦さんが来高され、県西部の中筋川河口部で釣りをされた際には、ご自身がデザインされたバス用のルアーでなんと大型のヒラメを釣り上げるという事件が。
超レアな外道の例ですね。「村上晴彦 ヒラメ」で検索するとそのときの模様がわかります。ひょっとすると動画がヒットするかも。本当にとんでもない映像を観ることができます。

レアといえば、筆者はコウモリを釣ったことがあります。証拠写真はコチラ。これも外道と言ってしまって良いのでしょうか(笑) 。
前述の村上さんもおっしゃっていましたが、ルアーフィッシングにおいては外道の釣りだって考え方次第で楽しいのかも知れません。だってそれも釣りの一部なんだから。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。
オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です