釣り高知

使いこなせば最強!ベイトキャスティングリールの恩恵

現在の釣りのシーンではスピニングリールが一般的であり、ちょっとした河川や岸壁でのライトゲームから船で沖海へ出てのヘビーオフショアゲームまで、多くの製品がラインナップされています。
もちろんバスフィッシングにおいてもスピニングリールの利用は当然のごとく定着しているところですが、この記事を読んでいる皆さんの中にも「バス釣りならベイトリールでしょ」的な方がいらっしゃると思います。
そう、バスフィッシングというカテゴリーにおいて、このベイトキャスティングリールの存在は非常に大きいと言えます。
しかし、このベイトリールという存在が実は曲者で、それを上手く使いこなせないことが原因でバス釣り をやめてしまったという人々がいるのも事実。そのくらい、スピニングリールは非常に使いやすく初心者向けであると言えるのでしょう。
反面、扱いにやや高度な技術を伴うベイトリールを使いこなすことで、バスフィッシングは圧倒的にテクニカルな釣りに変貌し、よりスポーツとしての感覚に溢れるレジャーになることも見逃せません。今回はそのベイトリールについて、筆者の考えを述べたいと思います。

ベイトリールが敬遠されるのは、ライントラブルの多発が原因のひとつに数えられます。
バックラッシュと呼ばれるその現象は、ベイトリールの構造上避けて通れない現象で、プロのアングラーでさえそれを完全に抑えることはできないと言われています。
原因はリールから放出されるライ ンよりも、糸を巻いてあるスプールが速く回転してしまうこと。スプールの周辺に糸がたまってもつれてしまうのです。釣り場で発生すると修復に時間と手間を要しますし、ラインにダメージが残る場合もあります。もちろん完全にもつれてしまってほどけないと釣りは続けられませんし、多くのラインを切って捨てることになることもあり、すこぶるわずらわしい現象なのです。
構造上スピニングリールはほとんどバックラッシュは発生しませんから、バスフィッシングにもスピニングリールがかなりの頻度で用いられています。しかし完全にスピニングタックルオンリーにならないのは、いくつかの理由があるのです。

① スピニングリールでは太いラインが使いにくい

やや語弊があるかも 知れませんが、実際にスピニングリールで太いラインを快適に使うには、スプール口径が大きめのリールを用いる必要があります。
スピニングリールには、横方向に巻いたラインを直角に曲げる部分があり、そのせいでラインに螺旋状にヨレを生じてしまうので、スプール口径が小さいと非常に強いヨレがラインに生じてしまい、そのせいで大きなサイズのリールが必要になります。
ひいては重量が増加し、タックルをその腕に保持したままキャストとリーリングを長い時間繰り返すのは、持ち重り感や操作性の悪さにつながります。アングラーは思いの外しんどいはずです。
その点、直角に曲がるポイントがなく、ラインの放出方向に平行にラインが巻かれたベイトリールは、小さくて軽いツールで太いラ インを用いることができ、つまりはパワーファイトを長時間にわたって可能にするのです。

② パワーファイトのためには、太いラインだけがメリットじゃない

前述のライン放出方向の話、実は巻き上げのパワーにも直接影響しているのです。
ラインに直角に曲がった部分を作るということは、そこにピンポイントで強い力がかかるということ。つまりそこからラインが切れるおそれを常に考えておかなければなりません。ラインブレイクは正直泣くに泣けませんし、サカナが針と糸をその身体につけたまま水中に帰っていくことを考えればなおさらです。
ベイトリールにはそんなウィークポイントは存在せず、やや乱暴な言い方をすると「強引に巻ける」のです。太いラインを力任せに巻けるとな ると、ビッグバスのキャッチ率が上がるのはご想像の通りです。

③ 重くて大きなルアーや、巻き抵抗の大きなルアーを使うことが可能

太いラインと強い巻き上げ力の恩恵は、使えるルアーの種類を大幅に増やしました。
水中を高速で巻いてくるその水流と振動で集魚効果を出すルアーは、比較的重量があり、また巻き抵抗も重い。そんなパワーを要するルアーこそベイトリールで用いるべきです。
逆にスピニングリールで細いラインと軽量ルアーを用いる必要のあるシチュエーションも頻繁にありますが、ビッグサイズを狙い撃ちしたい釣りにおいては、やはりルアーのシルエットも大きくしたいこともあり、最近のトレンドとも合致してベイトリールの存在感は衰えることはありません。
スピ ニングタックルの繊細でデリケートな釣りと、パワーでビッグワンを狩るイメージのベイトタックルをセットで用いることで、釣り場で多くのアイデアを具現化できる幅の広さを備えることができるのです。

さて、キャスティングをはじめテクニックを要するベイトリールですが、最近の製品はスプールにブレーキをかける技術やスプール自体を軽量化する技術が向上目覚ましく、その扱いは以前ほど敷居の高いものではなくなりました。
特にブレーキとスプールに関しては本当に素晴らしい製品が多く、前述のライントラブルを極力抑制してくれる構造になっているため、ぜひベイトリールを用いて釣りのステップアップを図っていただきたいと思います。
少しの練習で飛距離を稼いだりラインの放出を制御できるようになりますので、普通にキャストできるようになったら、親指の腹でスプールを触ってラインの放出を止めたり遅らせたりする「サミング」を試してみてください。
サミングは、狙ったところにルアーを落とすテクニックとしても非常に有効です。これも実はベイトリールを使用する大きな恩恵ですし、そのような高等技術が実は意外と簡単に身につけられる製品が各メーカーに揃っていることも追い風になって、皆さんのフィッシングライフを彩ってくれること間違いなし。

春の水辺に、スピニングタックルとベイトタックルを1本ずつ。ビッグワンとの最高の出会いに備えましょう。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。 オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です