テクノロジー映像音楽

MV制作ログ#1 (プラレールにカメラを搭載)

プラレールを使用した映像でMVを制作するというアイデアが、2年前から企画のひとつとしてストックしてあったのですが、これにはもともとキーとなる曲が存在していて、今回、その曲がリリースされるということが決まったという事で、MV制作プロジェクトももう一度火が入る事に。

実際に制作、公開されるかは現時点では不明なのですけれど、可能な部分を公開制作ログとして残してみます。

さて今回のMV案はプラレールにカメラを載せて走らせその映像をMVに使うというアイデア。このアイデアの良し悪しは別として、制作にあたり今回は次の2点を検討してみます。

  • 同様のアイデアに基づいて制作された作品が既にないか?
  • 実際に制作は可能か?

 

同様のアイデアに基づいて制作された作品が既にないか?

いわゆるパクリにならないように、アイデアをリサーチすることも重要。

プラレールにカメラを搭載した映像は特にめずらしくはないので、MVや音楽関係では見当たらないが、もう少しリサーチしてみる必要がありそうです。

 

実際に制作は可能か?

この点も非常に重要で、技術的な問題や予算場所、期間など現実的な問題をクリアにできるかどうかで、アイデア自体を採否、再考する必要がでてくる。もちろん初期段階では細かな部分まで検証する必要はないが、技術的な見通しとおおまかな予算は必要であろう。

MIHQでは初期段階のアイデアはスケールダウンしたものを作成するなど、その時点である程度の技術検証を行ってストックしておく場合も多く、今回のケースも同様にカメラの搭載やパソコンへの転送などはテスト済みであるため、技術的、予算的には既に見通しが立っている。

実は今回のアイディアのポイントの1つは映像をPCがリアルタイムに受信するというところで、これを可能にするために下記の3製品を検討した。

 

AirBall

http://kogata-ccd-camera.com

プラレール搭載実績の多い小型カメラだが、解像度の低さが気になる。

 

ワイヤレスWEBカメラ CMS-V36BK

https://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=CMS-V36BK

PC側はUSBのウェブカムとして認識するため、扱いやすいのでテストしたが画質の低さと遅延が気になる。

 

LOGICOOL ブロードキャスター Wi-Fi ウェブカム CWIFI

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/press/press-releases/10708

専用ソフトを入れることで、PCからもUSBウェブカムのように取り扱え、画質も良好。サイズが大きいのが残念。

 

 

コミカム おもちゃ用 Wi-Fiカメラ

http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=7&br=228&sbr=941&mkr=&ft=&ic=438871&st=1&vr=10&lf=0

テスト時にはなかった製品。サイズ、解像度など理想的だがPCとの接続が用意されていないため、検討から外してます。

 

ちなみにテスト時にはまだ存在しなかったカメラ搭載のプラレール商品も、2016年秋に登場している。

カメラの視点は理想に近いが、PCへの転送で手こずりそうだったので、今回は検討から外してます。

スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー

http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/set/16_09_pte/

 

画質と遅延を優先し、LOGICOOL CWIFIを使用する方向で進めることにとりあえず決定で、今回は終了です。

 

 

カメラを搭載したプラレール製品の映像、プラレールの視点での映像はまさにこのイメージです。

投稿者プロフィール

MIHQ
MIHQ
インタラクティブな映像演出や動画制作を行う映像制作チーム。 制作依頼やお問い合わせはinfo@mihq.netまで

Join the discussion

  1. Pingback: MV制作ログ#2 (プラレールにカメラを搭載) – TREES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です