釣り高知

地味にすごい? ラインは多くの情報をもたらす

釣りの種類によっては、ウキを用いて魚の反応を読み取る釣りがあります。

淡水のヘラブナ釣りや磯釣りにはウキが欠かせないですね。
確かに、ウキがあると何かとわかりやすいです。リグがどこにあるのか、潮や水の流れがどっちにどのくらいあるのか等、釣り人に様々な情報を視覚的に与えてくれる優れたアイテムです。
そして、魚のリグに対する反応を知ることが、ウキの最も活躍するシチュエーションです。繊細で微妙なその動きは非常に興味深いものですし、ウキが水中に消し込まれる瞬間の興奮は何物にも代え難い素晴らしい瞬間です。

あ、バスフィッシングの話でしたね(笑)ウキなんか使わないのになせそんな話を始めてしまったのでしょうか。

今回は、筆者の考える釣り糸の一考察についてお話ししようと思いまして、冒頭にウキの話を。
まぁ慌てなさんな。大きな関連があるんです。とりあえずカッコつけて「ライン」なんて呼んでみることにしましょう。

確かにルアーを用いるバスフィッシングでは、ウキを用いることはほぼありません。
バスフィッシングにおいて、魚のルアーに対する反応、いわゆるアタリと呼ばれるものは、そのラインを伝わってロッドから手元に伝わります。手応えを感じるんですね。
しかし、手応えを感じられるような強いアタリばかりではありません。ルアーに噛み付いてグイッとラインを引っ張るようなダイナミックなアタリもあれば、ルアーの端っこだけをほんの少しだけ噛んでみるような小さなアタリもあります。
プロのアングラーや卓越した上級者になれば、ほんの少しのアタリによって様々な状況を思い描きターゲットをフッキングに持ち込むことができる訳ですが、筆者のような初心者はそんな繊細で微妙なアタリを読み取ることができません。当たり前に。
そんな時にウキの存在に頼りたくなってしまいます。水面に浮いて様々な情報を我々に提供してくれるんですから。
ただ、ウキを付けることによって、餌となる小魚や虫などに似せたせっかくのルアーが不自然な動きになってしまい、ターゲットに見破られてしまって釣果に影響が出るという物理的な障害があるんです。なるほど、ウキって邪魔だから使わないってことなんですね。
じゃあ初心者はウキを使わずに微細なアタリを読み取れるようになるまで、修行のような時間を水辺で過ごさなければならないんでしょうか? そんなではみんな釣りが楽しくなくなります。
そこで話を元に戻しましょう。今回はラインのお話。
そう、ルアーを投げ込み、水面を走るラインを見ていると、もし魚がルアーにちょっかいを出した時に水面のラインが何かの反応をしそうな感じがしませんか? つまりラインが水面でウキの代わりをしてくれるんじゃないか? ということ。
実は、ラインは釣り人にかなり有益な情報を供給してくれる存在なのです。まるでウキのように。

① 水深がわかります

ルアーを投げ込むと、ルアーは自重で沈んでいきますね。軽量ルアーならゆっくり。重いルアーならやや速い速度で沈みます。
その沈んでいく様子は、実はラインを見ているとわかります。水底に着くとラインがたるーんとたるむのです。ラインを見れば「あ、底に着いたな」ってわかるんです。
水面にルアーが着水したら、1、2、3…と数を数えてみてください。いくつまで数えたらラインがたるみましたか? もし8でたるんだなら、4の時には水面と水底の概ね中間地点あたりにルアーがあるということです。そこでリールを適度なスピードで巻き始めれば、中層をゆっくり泳ぐ小魚のようにルアーが動きますし、もし数えている最中にアタリを感じたとすれば、その深さに魚がいた or いると考えられます。

② アタリが「視覚的に」わかります。

水面にあるラインに注目してください。動かしたり巻いたりしているときも、ただじっと放っているときもです。
もしサカナがルアーを咥えて引っ張れば、ラインが引っ張られて不自然な方向に走っていくはずです。
魚の移動速度が遅かったり、動く方向性の問題だったりで、いわゆる手応えのあるアタリを感じなくても、ラインが不自然に流れたり走ったりすれば、それはきっとサカナです。試しにロッドを勢いよく煽ってフッキングしてみましょう。
ラインの動きだけでなく、水面のラインは必ず波紋を作りますから、それを見て気づくアタリもあるので油断は禁物ですね。

ここまでお話しすると、ラインがウキのようにあらゆる情報をアングラーに伝えてくれる重要なアイテムであることがおわかりいただけるかと思います。
一説には手に伝わるアタリをしっかりわかるようになってからでないとラインでアタリをとることは難しいと言われる方もいるようですが、筆者は釣りの先輩に「ラインを見ろ」と言われ、前述のようなことがなるほどと理解できました。
知っているのといないのとではやはり大きく違います。すべてのアタリがわかるかといえば決してそんなことはないのですが、とはいえ「あ、今のはサカナだったのか」という後悔の度合いは少なくなります。
豪快なビッグワンとのやりとりも釣りの醍醐味ですが、そんな玄人好みとも言える繊細で微妙な楽しみ方も醍醐味のひとつではないでしょうか。
もちろん、そんな繊細で微妙なアタリを読み取ることこそが、胸を高鳴らせるビッグワンとの出会いの可能性を拡げることは言うまでもありません。
さあ、その細いラインで大自然とつながり、その恩恵を大いに楽しみましょう。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。 オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です