テクノロジー映像

VRにはまだ先がある!空間を記録できるカメラ「Lytro Immerge」

撮影後からピントを変更できる「ライトフィールドカメラ」を発売し、大きな話題を呼んだLytro。今は同技術を使い空間自体を記録し、VRカメラ「Lytro Immerge」を開発しています。

通常の360°カメラとは違い、より奥行きを感じる動画はVR技術のさらなる進化を感じさせ、6000万ドルの資金を調達したことを発表したことからも、高く評価されていることが伺われます。

VRは認知から普及へのフェイズへ移行していますが、それはコンテンツの充実と向上も求められるフェイズとも言えます。

撮影した空間の中、約1Mの範囲を動くことができるとされるこのカメラと技術は、VRに欠かせないものとなるかもしれませんね。

VFX Build of “Moon” by Lytro from Lytro on Vimeo.

投稿者プロフィール

MIHQ
MIHQ
インタラクティブな映像演出や動画制作を行う映像制作チーム。
制作依頼やお問い合わせはinfo@mihq.netまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です