アウトドア釣り

冬のバス釣りは過酷? それだけではない冬の釣りのススメ

冬に近づくにつれてバス釣りの環境というのは厳しいものになっていきます。
ボートで様々なポイントを移動しながらならいざ知らず、陸っぱりのアングラーにとっては本当にバッドコンディションと言わざるを得ない状況に移り変わっていくのが現在のような時期です。
アングラーも徹底的に防寒対策を行わないと、気温が低いだけでなく北風に身をさらすと体調に不安が出ますし、身体が冷たく硬くなると、移動する際に思わぬつまづきによる転倒や落水が起こりかねない時期です。
しかし、そんなバッドコンディションにも関わらず、いわゆる「釣りウマ」の皆さんは水辺に立ち、そしてビッグバスをキャッチしている事実もあります。それらはただ単に「寒さに耐えて釣りをする」という要素だけでもたらされている結果なのでしょうか?
過酷な冬の釣りで、貴重なサカナとの出会いを果たすという、そんなロマンについて、今回は筆者の思いを語ってみたいと思います。

冬の陽だまりというのは、ポカポカと暖かい貴重なコンディションです。人々は、夏は直射日光を避けてほんの少しの日陰に身を隠したりするのに、冬は全く正反対の方法で太陽光を求め、暖を取ろうとするものです。
この状況というのは、実はブラックバスも同様の行動をとりがちな状況です。日中の貴重な直射日光に伴う熱は、水温をほんの少し上昇させたり、身体を直接暖める等の恩恵をもたらします。
ただ、全てのブラックバスがそうなのかというと、決してそうではありません。日光の当たる暖かい場所は、おそらくは日が落ちて夜になると急激に冷やされ、サカナにとってさらなる過酷な状況を迎える場所であるとも言えるからです。

もう少し掘り下げて説明しましょう。ほとんどの魚類は、水温の急激な変化を嫌う傾向にあり、あまり水温が変化しない場所を好む傾向にあります。これを前提として夏と冬のサカナの状況を考えると、それぞれの環境は大きく異なることがわかります。
前述の習性を鑑みると、夏は水温が上がらず涼しいところが好まれるのは言うまでもありません。サカナたちは、少しでも水温の低いところを探し、選んでそこを居場所にするのです。
そして同様に冬も水温が少しでも高い暖かい場所を選ぼうとするのは言うまでもないのですが、そこに落とし穴があります。極端に水温が低いとサカナたちは自由に動き回れないのです。

夏は環境の良い場所を探して自ら移動することができるのですが、冬は余りの冷たさに身動きがとれなくなる、というわけです。

過去の記事でフォールターンオーバーという現象をご紹介しましたが、「暑い」「水温高い」場合と「寒い」「水温低い」場合には、その言葉の示す意味だけではなく、それによってどのような変化が起こるのかを理解する必要があることを、その際にもチラッとお話しました。
サカナの習性や特徴も、単に水温の高い低いだけではなく、それによってどのような変化が起こるのかということを理解する必要があるということなのですね。

では、ブラックバスは冬の間どのように過ごしているのでしょうか。
実はブラックバスは、ゆっくりとした温度変化には耐えられると言われています。いわゆる爬虫類等にある冬眠状態に近い状態で越冬するのではないかと筆者は考えています。
具体的には、水温が気温の変化に影響を受けにくい深い場所で、徐々に低い水温に身体を慣れさせていき、静かに春を待つということ。完全な冬眠状態ではないので、そういったディープのポイントを見つけることができれば、ひょっとするとバイトを感じられるかも知れません。
ただ、そんな深いポイントを見つけられるとするならばボートでの釣行でしょう。陸っぱりの釣りではなかなかそのような状況にはなり得ないことも事実。
いやぁ、やはり冬の釣りは過酷です(苦笑)。

ただ、お話したとおり、冬でも実績がない訳ではないのです。
冬に陸から釣りをするとき、少しでもサカナに触れる確立を上げる方法、ありそうな気がしますよね?

① 小規模な野池等の釣り場を探し、一番深い場所を狙う

前述のとおり、水温変化の幅が狭い場所でじっとしているサカナは、その場所で釣れます。
ただ、冷たい場所で硬くなって身動きが取れない状態でいる可能性が高く、そのようなサカナでも追従できる、口に入れられるルアーの選択やアクションの方法を考える必要があります。
ここでルアーやリグを詳細に説明することは割愛しますが、そんなサカナの存在を想像しながらする釣りって、宝探しをしているようで、ロマンのようなモノを感じませんか?
小規模なポイントであれば、極力遠投で広い範囲を集中してリサーチすることで、バイトの可能性は急上昇します。

② 一番気温の高い午後の時間帯に、できるだけ長い間太陽の当たる浅場を狙う

筆者としてはこれがオススメ。釣り人も体調を崩したり怪我をしたりというトラブルが少ないですから。
少ないチャンスをモノにできるかどうかが鍵になるこの釣り方、ノーフィッシュ覚悟のギャンブルとも言えますが、もし釣れたなら、そのサカナはきっと記憶に残るサイズと重量になると思われます。
日当りの良い暖かい場所に移動して来ることのできるサカナは、おそらくはデカく体力のある固体である可能性が高いからです。
事実「冬に釣れるサカナはデカい」という定説さえ存在するくらいですし、根拠も充分に揃っているため、信憑性の高い説であると言えるでしょう。低水温期に暖かい場所を探せるサカナは、ひょっとするとやる気のあるバスかも知れま せんね。

アングラーにとっても非常に過酷な冬の釣り。
とはいえ、「他の釣り人がいないから」「冬に釣れるバスはデカいから」という理由でウィンターバッシングを好むアングラーも多いのですね。
そして、冬の間に釣りをすることで、自己のフィッシングスキルを上げる効果や、春に向けての情報が手に入る等の嬉しい副産物も得られるそうです。
筆者は毎年冬の釣りに挑戦しますが、残念ながらそうそう簡単にはいかないものです。2017年は、2月末のリザーバーで44cmをキャッチしたものの、次のサカナにはそれから1ヶ月ほど出会えませんでした。

それでも貴重な冬のバス。自然の厳しさを学習し、そして貴重なすばらしい出会いを迎えるために、水辺へ向かってみませんか?
その際には健康管理に充分留意され、厳しい中でも楽しい時間を過ごしてほしいと思います。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。 オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です