コラムフード

何故、ヒトは「住所非公開」の飲食店にいきたがるのか?(#2/3)

当然、誰しもがなれる職業でない。厳密にいうと、自称芸能人にはなれたとしても、一流芸能人として成功するかどうかは、生まれ持った遺伝子が大きく左右する。あそこまでルックスが大事な仕事は他にないだろう。ルックスの良し悪しは、悪い人に言わせれば誰しもが不公平だと感じるだろうが、そもそもルックスを誰もが平等にしようとしていない。

染色体は整形ができない。遺伝子によって、その人のルックスは容赦なく決まる。

ただ、そのような不公平な職業はなにも芸能人に限ったことではない。パイロットも同じである。パイロットになる条件には、視力の良さがある。MBAを取っていても、身長が高い超イケメンでも視力の条件がクリアできなければパイロットにはなることができない。

そう考えると、今あなたがしている仕事は、実はあなたにしかできないものかもしれない。それでも私たちは、自分たちが手を伸ばしてもたどり着けない世界や場所を渇するような心理が常にはたらく。隣の芝はいつも、青い。だから転職をしたくなる。「1度きりの人生、このままでいいのか?」と疑心暗鬼になってキャリアを見直すこともある。一方で、超スターやアーティストにはなれない自分を無意識に悟り、なれない自分にどこか安堵を浮かべている矛盾すらある。その矛盾こそが、平凡な生活なのかもしれない。

その平凡な日常のスパイスに秘密がある。いわば、非公開な情報だ。

だからこそ、飲食店の情報が「非公開」であればあるほど、無性にその店を探したくなる衝動に駆られる。正体を暴きたくなる。結果、暴けそうで暴けないものもあるが、努力すれば、またはお金を投じれば、もしかしたら秘密の正体が明かされるものに人は惹かれるのだと思う。だから、住所や電話番号非公開の店、完全紹介制、会員制の店はなくならない。

たとえ、それが店側の思惑だとしても。

雑誌に掲載されていた中目黒の和食店は、店名と住所のみが公開されていた。

大学2年生の私は、ものの見事に店側の術中にハマり、行動を促されていた。

投稿者プロフィール

DJ dates (DJデーツ)
DJ dates (DJデーツ)
コラムニスト。 兄が俳優であり、幼い頃から比較されることで17年間 葛藤。 その背景から、他者の気持ちや心理を洞察する習慣がつき、執筆を開始。 18歳でコーチングのプロ資格(現:コーチAが発行)を取得し、現在は 「コンプレックスをモチベーションに変換する方法」,「アスリート・マインドセット」など、 顧客の美意識・価値観・幸せにおける視点を促すような、オリジナルのコーチングサービスを提供。 学習院大学 文学部心理学科卒。 好きな街:ニューヨーク、フィレンツェ 好きな食べ物:さんご焼き 座右の銘:大好きなことは時計で測れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です