コラムニュース音楽

SoundCloudの大規模レイオフに思う

2007年にベルリンでスタートされた音楽ストリーミングサービス「SoundCloud」が公式ブログにて大規模な人員削減を行う旨を発表しています。
音楽のYoutubeとも称されて、ミュージシャンやインディーレーベル、コアな音楽ファンを中心に広がったSoundCloudも近年は苦境に立たされており、AppleやGoogle、最近ではSpotifyによる買収のうわさが出ています。
他サービスの台頭で、サービスの独自性が薄れている今となっていは、他SNSと連携し、オープンにユーザーを広げてかつてのMyspaceのような展開を行うか、アーティスト、レーベルに特化しプロモーションツールとしての拡充を図るなど、新しい動きが必須なのかもしれないですね。

SoundCloud (wikipediaより引用
2013年7月の時点で、プロのミュージシャンも含めて約40万人の登録ユーザー、約2億人のリスナーが利用している[2]。ユーザー登録する事により、音声ファイルの投稿および音声を録音し投稿する事ができる。音声ファイル投稿量の制限は、容量ではなく総時間120分迄。ユーザー登録をしていない場合でも、他のユーザーが投稿した音声・音楽を無料で聴く事ができる。対応している言語はドイツ語、アメリカ英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、オランダ語、ブラジルポルトガル語(2017年5月6日現在)。

投稿者プロフィール

MIHQ
MIHQ
インタラクティブな映像演出や動画制作を行う映像制作チーム。
制作依頼やお問い合わせはinfo@mihq.netまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です