アウトドア釣り

虫の形のルアーで水面攻略!一部始終が丸見えのアクティブゲームを

梅雨の時期としては今シーズンは降水量が少ないようですね。
などと言いつつも、台風上陸のニュースが聞こえてきたりして、例年とはやや気候が違う少々落ち着かない今日この頃。
強い直射日光や、しとしとと降り続く雨が楽しい釣りの妨げにならないような気候が続いているのはある意味悪くないなぁ、なんか不謹慎なことを思ったりもしていたり、かと言って、余りにも強い雨は水面に多くのゴミや濁りを呼んで来てせっかくの釣り場を壊滅的な状況にしてしまうこと。なにせ相手が自然ですからヒトの思い通りにはなかなかいかないものですね。

さて、今回は、特にこの時期に楽しめる水面の釣りをご紹介しましょう。
サカナが水面に近づいてきてルアーに口を使う瞬間が丸見えになるこの釣りは、ワクワク感と緊張感に溢れる非常に楽しい釣りです。

一般的にトップウォーターと呼ばれるこのようなルアーを用いれば良いのですが、そのようなルアーはおしなべて大きく重い。
ですので、ベイトタックルで使用することが常なんです。そう、あの初心者泣かせのベイトリール。
小さくて軽いルアーも存在するので、それらをスピニングリールで用いれば良い、と思うかも知れませんが、ちゃんと水面に浮くというだけで、上級者が扱うようにルアーを水面を鮮やかにアクションさせるには技術を要します。
とはいえ、サカナが水面から飛び出してルアーに食らいつくダイナミックなシーンに出会うために、トップの釣りしかやらないというアングラーもいるほど魅力のある釣りなので、釣りを始めたばかりの初心者でもせめてその雰囲気の一端を味わいたい。
ではどうするか、と。やや前置きが長くなりましたが、オススメの釣りがあります。
虫パターンと呼ばれる釣りは、水に浮かぶルアーを虫に似せて水面を攻略するもので、他のトップウォーターの釣りよりも難易度が低く楽しめる筆者も好きな釣りの方法のひとつです。
夏に向けて様々な羽虫が空中を舞い飛ぶこの時期、ブラックバスは、水面に落ちてしまってもがいているその虫をも捕食対象にしているので、特に周囲が木々に囲まれていたり、水面に木の枝が深く覆いかぶさっていたり、いかにも「虫が落ちてくるだろう」というシチュエーションでこの釣りをやってみましょう。

虫を模した水面に浮かぶソフトルアーがいくつも商品化されており、この釣りが注目されていることを物語っていますね。
正直、めっちゃ虫そっくりにリアルに再現していなくても、脚や触覚がついた物体が水面でピクピク動いていると、どうやらブラックバスは興味を示すらしく。
虫だと思って見に来ているのか、単なる興味で近づくのかは不明ですが、釣り人としてはルアーにゆっくり近づいてくるサカナの姿を見ているだけでも本当に胸躍ると言いますか、ドキドキを感じるものです。
総じてルアーの自重が軽く作られているためあまり遠くにキャストすることはできませんが、適当なポイントにキャストして、極論そのまま放置してもOK。もちろんほんの少しだけロッドの先端でラインをはたくようにして、ルアーをピクピクと動かしてみてもOK。
ただ、虫が水面に落ちると、最初は懸命に空中に復帰しようとジタバタしますが、すぐ静かになってしまうもの。それらを考慮するとヒトの手でわざとらしくバタバタ動かすのは得策じゃないのかも。
反面、プロアングラーの虫パターンの解説では「水面に波紋を立ててやらないと、それがルアーだと見切られてしまう」ということもよく語られています。波紋を立てることでルアーがサカナからはっきり見えないようにするという考え方。
つまりはこだわらずにTPOに応じていろいろ試してみようというところなんでしょうか。その辺はやはりアイデアと探究心を持って臨むといいですね。何せ相手は自然ですから(笑) 。

先日某リザーバーでの釣行で出た41cmのブラックバス。
筆者から視認できる程度の距離の大きな岩のそばにキャストして、水面で虫がバタバタもがくようにシェイクした後はそのまま浮かせて放置しておきました。
1分強くらい放っておいたでしょうか。深いところからふわっと浮いてきて、一瞬ルアーの真下でピタッと静止した後に静かに口に入れました。その一部始終が丸見えなもんだから、否が応でも盛り上がる(笑) 。

ほら、丸のみしてるでしょ? 。
サカナがしっかりルアーを口に入れて体の向きを変えるまで、フッキングの動作を待つことがコツ。サカナの姿や食うシーンが見えていると釣り人の方が慌ててしまいがちですが、すっぽ抜けを防ぐためにも落ち着いて待ってからフッキングしましょう。
その様子を視覚的にも手応えにも感じられる虫パターンの釣り。ひょっとするとこの釣りでサカナをゲットすると、完全にバスフィッシングにハマってしまうかも知れませんよ(笑) 。

投稿者プロフィール

admin
admin
コーヒーと音楽をこよなく愛す自称ナイスミドル。
1児の父でもあり県内の公園に出没中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です