映画

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のあらすじ・解説・キャストや関連ニュースまとめ

ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と旅をした父のウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の呪われた運命を、何とかしたいと考えていた。そこで海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝“ポセイドンの槍”が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていたところ、“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃に遭い……。(Yahoo!映画より)

感想

人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」から、6年ぶり第5弾の「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」が公開されました。主演ジョニー・デップはもちろんですが、ウィル役のオーランド・ブルーム、エリザベス役のキーラ・ナイトレイといった初期からのキャストが再集結。また、ゲスト役としてポール・マッカートニーも作品に参加しています。ストーリーは、ウィルの息子ヘンリーが、父親にかけられた呪い解く為ジャックらに協力を求めながら、全ての海域の呪いを解く「ポセイドンの槍」を探すというもの。

歴代のキャストはもちろんですが、ウィルの息子ヘンリーと、ポセイドンの槍を探すカギを握る謎の女性カリーナといった、新しいキャラクターの魅力がとても感じられる作品でした。迫力あるアクションシーンや、今作の悪役である“海の死神”サラザールの恐ろしさはシリーズ一番といっても過言ではないほど。後半には意外な展開&感動のドラマも用意されています。

しかし、序盤の展開は今までの作品をチェックしていないと理解出来ないかも。ウィルがどういった経緯で呪いにかけられたのか、ジャックはなぜ落ちぶれていて、ブラックパール号は封印されているのか。その辺りを事前に復習しておくと、より楽しめそうです。

エンドロール後には次回作を思わせるような内容の映像も。見逃し厳禁です。今作の予告編は下記から。

解説・疑問点

Q.魔の三角領域とは?
A.バミューダトライアングルという、実際に存在する海域が元。船や飛行機が消息を絶つという伝説がある。

Q.ジャックはなぜ落ちぶれていた?
A.前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」で、悪役の「黒ひげ」によってブラックパール号を封印され、船を失い酒に溺れていた為。

Q.ポセイドンの槍とは?
A.海の神ポセイドンの伝説の槍。神の武器であるこの槍は、人魚などの海の生き物を制御し、雷と大波を生み出すために使われた。

Q.魔法のコンパスにかけられた呪いとは?
A.このコンパスは、所有者が欲しい物の方角を指す。しかし、持ち主が手放すと、その人物にとっての「最大の恐怖」を解き放つ。

Q.バルボッサがリッチになっていた理由は?
A.前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」で、悪役の「黒ひげ」を倒し船を手に入れ、盛大に海賊事業を成功させていた為。

Q.エンドロール後の映像の真意は?
A.ウィルの部屋に侵入してきた人物は、そのシルエットから前々作「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」で倒したはずの「デイヴィ・ジョーンズ」ではないかと推測されています。

関連ニュース

ジョニー・デップ13度目の来日!深夜にもかかわらずファン1000人が熱烈歓迎
ポール・マッカートニーの“海賊姿”初披露!「パイレーツ・オブ・カリビアン」最新作に参戦
【国内映画ランキング】「パイレーツ・オブ・カリビアン」興収10億突破の首位デビュー!

関連グッズ

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 (宝島社文庫)
パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 オリジナル・サウンドトラック
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 ピンバッジ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です