アウトドア釣り

自作ワームにチャレンジ! いつもよりたくさんのワクワクとドキドキを

バスフィッシングを楽しむ上で、自分なりの「釣るためのアイデア」というのは非常に重要で有益なファクターです。
水辺でのサカナとのやりとりの感触や、ボウズを喰らった時の悔しさとともに、「あぁすれば、こうすれば」という自分の釣りの想定が頭の中に生まれてくるものです。
その想定は、ポイントの選択であったり、ロッドやリール、ラインやフックの組み合わせであったり様々。釣りの楽しみを知れば知るほど考え悩む時間や量は増加するものです。
足繁く釣具屋さんに通い、このルアーはどうだろう、このワームなら良いんじゃないかと妄想の世界にどっぷり浸かるのも本当に楽しい時間。以前に言いましたっけ。「水辺にいないときでも釣りをしている」って(笑) 。

前置きが長くなりましたが、今回はソフトルアーのお話です。
最近筆者が試してみた、ルアーの改造を皆さんにご紹介したいと思います。
「改造」と言ってもそんな大層なものではありません。ワームをいくつかのパーツに切り取り、それらを様々な組み合わせで貼り付けるだけの作業ですので、それほど難易度の高いものではなく、アイデアとイメージが伴えば誰にでもお試しいただけるかと思います。
今回は2種類のワームをひとつに合体させる計画を立てました。いずれもゲーリーヤマモトのワームで、3インチヤマセンコーとディトレーターを切り貼りしてみましょう。
それぞれのワームは皆さんの方で検索等していただくとして、合体させる準備をしてみました。下の写真のようにそれぞれのワームを切断します。

それを下の写真のような合わせ方をします。

その際に、大きく分けて2種類の方法があります。ひとつは接着剤を用いる方法で、もうひとつはライター等を用いて熱で貼り付ける方法です。
今回も2種類の方法を試してみましたが、ワームの素材には塩が含有されているせいか接着剤での接合が上手くいかなかったので、熱で接合する方法を紹介します。

上の写真のようにして、両方の断面に上手くライターで炙り、

素早く両方の断面を合わせると、1分程度で接合できます。

接合部分を手でブラブラ振ってもしっかり接合していることが確認できます。
と、いう訳で今回イメージしたものが完成しました。

どこかのメーカーの製品としてありそうでなかったものが出来上がりましたね。
ディトレーターは小さなエビや甲殻類をイメージして作られているので、細かいヒゲや腕が微妙な動きや水流を伴います。
反面、大きさというと小さい部類のワームですので、ボリュームを持たせたい希望がありました。
逆に3インチヤマセンコーは細かいパーツが何もないワームですので、ちょっとした違いを生むためにはどうすればいいかを考えていたのです。

今回の自作ワームは、主に上の写真のように使用するつもりです。
接合部にマス針を通し、ヒゲのついた側の反対側にネイルシンカーという、釘のようにワームに打ち込むおもりを入れるという、「ネコリグ」と呼ばれるリグで使用してみようと考えています。

さぁ、たくさんできました。
果たしてこれで結果が出るかどうか、当サイトの記事で良い報告ができればいいですね。
ともあれ、今回紹介した方法で釣り人それぞれの独自の釣り方を創造することができますし、この方法は使い古しのワームを補修して再利用することにもつながります。ワームも買い揃えるとお金がかかりますので、上手く節約したり、より釣れるリグや方法を編み出すのもいろいろなメリットがあります。
また、ワーム接合専用の接着剤も製品として存在するので、今回上手くいかなかった即席の方法ではなく、接着時間をしっかり設けたり、いろいろな種類の接着剤を試してみたりするのもいいかなぁ、と考えています。
今後はそれらの熱処理以外の方法も交えつつ、前述の使用済みワームの補修についても研究して皆さんにご紹介しましょう。

ちょっと楽しそうでしょ? そう、これもバスフィッシングの楽しみ方のひとつです。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。
オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です