コラムフード

何故、芸能人がお忍びで食べる〆飯「特製ステーキ丼」を発見できたのか?(#3/3)

「もし、このメニュー名をそのままyahoo検索してみたらどうなるか…?」
高鳴る鼓動と胸を這せる期待が、キーボードを打つ指がいつも以上にスムーズに動かせる。
タイプをしてみると…クリーンヒット!
メニュー名がそのまま載っているページを見つけた。しかも住所は、“世田谷区”。

「来た、来た、ついに来た!」
世田谷某所の、世田谷の先が目に焼き付いた。しかも、店名と電話番号が載っている。
名前は、「ビストロキンタ」。
確かあれは16:23頃だっただろうか、飲食店にとってはアイドルタイム。でもシェフがいるかどうかに関わらず、この気持ちは抑えられない。私はすぐ様、電話の子機を手にした。

電話の先には、男性の声。私は第1声で、「あの、すみません。そちらに特製ステーキ丼ってメニューはありますか?ホワイトソースがかかっているものなのですが…」と伝える。
「えぇ、ありますよ」

“宝物を見つけたような感覚“とは、まさにこのことを指す。
500号のキャンバスに書かれた絵から、ウォーリーを探し出したような歓び。
電話中で声に出せない歓喜は、強く左手の拳を握りしめることで噛み締めていた。
たった1つの出来事で人生を悲観することもあるが、刹那に薔薇色に思えるようなこともある。私たちの感情は、忙しく切り替わるものだと、高校生のときに実感した。
2007年9月5日、対面した3年越しに対面した「特製ステーキ丼」の感動は、この写真に表れている。

役者は、台本から会ったことのない、ましてや架空の人物の心情や人格を読み取らなければならない。脚本家の頭の中の人物像を描き、投影する。その作業は、想像力という安易な言葉では表現できない、努力があるはずだ。
それと一緒で、私はセミナーを聞くとき、本を読むとき、旅をするときに、できるだけ沢山の理屈、論理、知識を得て、どう応用しようかを考えるようにしている。それが自分の糧になって、結果に結びつくと信じているからだ。そんなことをこの経験からは学んだ。

私が何故、芸能人がお忍びで食べる〆飯の「特製ステーキ丼」を発見できたのか?
の答えは、「接するものへの執着心」だと思う。

ビストロキンタ (東京都)
店名を入れれば、すぐに情報出てきます。本を真似して、データ不掲載(笑)

ぷちヴェーる

投稿者プロフィール

ぷちヴぇーる
ぷちヴぇーる
コラムニスト。海外・国内のライフスタイル、情景、文化を発信する団体「Senpai_japan」のメンバー。

兄が俳優であり、幼い頃から比較されることで17年間葛藤。
その背景から、他者の気持ちや心理を洞察する習慣がつき、執筆を開始。

18歳でコーチングのプロ資格を取得し、現在では「コンプレックスをモチベーションに変換する方法」など、各クライアントに合わせたコーチングの提供を行う。
学習院大学 文学部心理学科卒。

好きな街:ニューヨーク、フィレンツェ
好きな食べ物:さんご焼き
座右の銘:大好きなことは時計で測れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です