フード

海外ニュース!ドライフルーツ&ナッツの美味しい組み合わせ

ドライフルーツ&ナッツアカデミーは、ドライフルーツ・ナッツの資格発行をしていますが、何故ドライフルーツとナッツを2つとも一緒に講義している理由は、2点あります。

1つ目は、栄養素に近いものがあるからです。
食物繊維・ミネラルが豊富で、糖のバランスもよい。抗酸化作用がどちらも含まれている、乾燥食品であることで共通します。そのため一緒に勉強した方がより分かりやすいと感じたからです。

2つ目は、一緒に食べると、より美味しいからです。
ドライフルーツの甘味が、ナッツでほのかに中和されて、より味が引き立ちます。
そしてナッツの良質な油分は、ドライフルーツの滑らかな食感を包むように、口の中でお互いがフォローしあっているような感覚です。料理でも一緒に使うことが多いですし、小売店のコーナーでもよく一緒に置かれていることが多いので、お互いは切っても切れない関係だと思います。

さて、前回はデーツの海外事情をお伝えしましたが、中東地方ではデーツは、馴染みのあるドライフルーツの代表的な存在です。また、空港・高級デパートでの土産品、売店などで販売をされています。

そして、ドバイにあるドライフルーツ&ナッツの専門店では、このように
ナッツとデーツを組み合わせたお菓子が売られています。

1つはアーモンド、もう1つは胡桃が挟まれています。
ドバイには、ピスタチオ、ピーカンナッツのバージョンもあり、アソートまであります。
単純に挟んでいるだけですが、ナッツとデーツは本当に相性がよく、レパートリーがたくさんありますね。

これは、トルコの土産品のドライフルーツ&ナッツがふんだんに使われたお菓子です。
手前にあるのは、2回目の記事でお話した“無添加”のドライ杏ですね。
トルコでも、杏とナッツを挟んでいますね。

海外でも、ドライフルーツとナッツが組み合わさるだけで美味しくなることは周知されているようです。

投稿者プロフィール

井上 嘉文
井上 嘉文
学習院大学 心理学科卒。㈱三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、食品商社に転職。ドライフルーツとナッツの効能、ルックスに魅了されドライフルーツ&ナッツアカデミーを設立。
また自身の体が食品添加物・砂糖・小麦に対して敏感に反応することを活かし、
無添加食品のプロデュース・監修、および海外販路開拓などを手懸けている。

<保有資格・実績>
・Slow Food Youth Network2015 日本代表選抜メンバー
・ローフードマイスター検定1級、青汁ソムリエ
・宅地建物取引士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です