釣り

ブラックバスは色を識別できるか? ルアーのカラーセレクト

魚は色を見分けられるのか? という疑問に、多くの研究者が取り組んでいる事実があります。
明暗を感じる神経細胞と、色の波長を感じる神経細胞との2種類の視神経についての研究結果がインターネットを通して入手できるのですが、いずれの研究結果にあっても実験での結果を結論として採用しており、非常に興味深いところです。
ただ、突き詰めていくと「魚に訊いてみないとわかんねーよw」的なところに落ち着くのも事実。生物の脳や神経の神秘は、本当に宇宙の神秘と似ていて、まだまだわからないことだらけなんですね。
ただ、それらが解明されると、バスフィッシングの世界が大きく変革するかも知れないのです。今回は ルアーの色の選択、とりわけワームのカラーセレクトに関するお話を。

一般的に販売されているルアーは、ソフトベイトハードベイトを問わず、同じ製品に様々なカラーラインナップを持っています。
そのルックスは非常に美しいもので、コレクターの心も刺激するほど。そういう要素を持っているのも事実ですが、本来の目的はやはり釣果に直結するカラーリングをセレクトしたいという目的です。
カラーセレクトの方法論にも各々のアングラーにこだわりや経験があるところ。もちろん一概には表現できませんが、筆者の考えを述べてみようと思います。


水質で選ぶ

多くのルアーのカラーラインナップには、水生生物や魚等の周囲の 環境に溶け込みやすいカラーリングのものと、逆に周囲の環境に埋没しにくい明確でくっきりとしたカラーリングのものと2種類があります。
筆者は、これから釣ろうとするフィールドの水の濁りで判断することが多いです。水の透明度が高いほど、ルアーもそれになじみやすいものを選択し、逆に水が濁って透明度が低い場合は、ヒトの眼にも明確なものを選択します。
例えば、クリアウォーターの場合のオススメは、ハードベイトの場合は魚にそっくりのカラー、ソフトルアーであればウォーターメロンやグリーンパンプキン等。
どちらもわずかに透明度を保つ光を通す素材で、強く目立つことはないというもの。
対してマッディウォーターの場合は、ハードベイトでもソフトルアーでも光 を通さないソリッドカラーと呼ばれるカラーを用います。筆者はブラックソリッド、つまり真っ黒を頻繁に使用し良い思いをしています。

環境で選ぶ

水の中の観察が必要な選択方法ですが、ダム湖のようなリザーバーでは小魚が主な捕食対象になっていることが多く、筆者は青のラメの入ったカラーを選択します。
逆に野池や小規模河川のような、甲殻類を捕食しているであろうフィールドでは、赤のラメを選択して用います。
季節の差でも「春は赤ラメ、秋は青ラメ」と言われる先輩アングラーもいますが、様々なお話を伺う中で判断すると、捕食対象の生物の眼の色なのではないかと筆者は感じるようになり、それからは、とり わけワームの釣りでは赤ラメと青ラメの使い分けをそのようにしています。
今のところこの使用方法で意外と釣果が出ていますが、明確な根拠がまだないのであくまで筆者の主観ということで。
定番中の定番、ゲーリーヤマモトのワームには、同じ素材の色で赤ラメのものと青ラメのものとが両者ラインナップされている場合が多々あり、ルアーローテーションにも非常に有効ですね。

太陽の具合で選ぶ

これも何の根拠もないかも知れない(苦笑)多くのルアーのカラーリングには、単一色のものと複数の色を塗り分けたものとがありますが、水中にルアーをプレゼンテーションした際にどのような色の変化があるかを意識します。
例えば日差しが強い場合、日影が明確に なってサカナもそこに潜むと考えられます。そこに複数の色に塗り分けたルアーを入れると、日光の反射等で変化を生み出せそうな気がします。
ルアーが揺れながら泳ぐことでキラキラと明暗を出すことでサカナが反応や興味を起こすのでしょうか
それに対して朝夕のローライトや雨中の釣行だと、単一色でそのルアーのシルエットを明確にしてやる方がサカナの興味をひくような気がしているのです。
何かが動いている、じーっと見る、何だかわからない、咥えて確かめてみる、といった具合で。

好みで選ぶ

笑われるかも知れませんが、これは意外に重要です。過去に釣れた経験であったり、このルアーなら釣れるという自信 であったり、そういう要素がないと釣りの様々な動作が乱雑になってしまうのです。
「こんなルアーじゃ釣れないよ」と思いながらだと、ルアーを動かしたり止めたりという重要な動作に丁寧さが失われ、もはやカラーセレクトうんぬんではない世界に。
反面、ルアーを信じることができれば釣りへの集中力は非常に高く保てます。その結果すばらしい釣果がもたらされるということは筆者も経験がありますし、中級者なら誰もが経験したことがあるでしょう。
自分が信頼できるカラーを使うこと、そして、いつでも信頼のおけるカラー、信頼できるルアーを早く多く見つけることが釣りのスキルを上げる条件のひとつだと表現しても決して大げさではないでしょう。
他にもたく さんの要素やアイデアがいくつも重なって、その日のルアーセレクト、ひいては自己のルアーに対するこだわりに辿り着くイメージです。
そこに届けば、いや、そこに届く過程でも釣りの魅力を充分堪能していただけるのではないかと、筆者は考えます。
以前にも書きましたが、水辺で竿を出すだけが釣りではなく、ルアーを手にとって水辺の風景を思い浮かべ、そこから戦略を練るという過ごし方をするようになればあなたも立派な釣り人の仲間入りですね。
そんな思考と感覚の積み重ね、バスフィッシング。水辺の微かな生命感があなたを待っています。

投稿者プロフィール

7th-lab
7th-lab
ルアーメーカー「issei」のコンテンツ用楽曲など多くの楽曲制作を手がけるかたわら、バス釣りにいそしむマルチプレーヤー。 オフィシャルブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です