映画

映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」のあらすじ・解説・キャストや関連ニュースまとめ

百人一首で有名な皐月会主催の皐月杯の会見収録が行われていた大阪・日売テレビで、爆破事件が起きる。崩壊するビルに高校生探偵の服部平次とその幼なじみ・遠山和葉が取り残されるも、コナンが救い出す。犯行声明が出ないことに疑問を抱いて調べを進めるコナンと平次の前に、平次の婚約者だという百人一首高校生チャンピオンの大岡紅葉が現れる。(Yahoo!映画より)

感想

名探偵コナンの劇場版シリーズは今作で21作目。老若男女問わず人気で、ここ数年は毎回シリーズ歴代興業収入を塗り替えています。今作は、久しぶりに「江戸川コナン」と「西の名探偵・服部平次」との推理ショーとのこともあって、期待が高まります。

また、
・脚本は、代表作「福家警部補シリーズ」などの人気推理作家、大倉崇裕が担当。
・ゲスト声優として、関西にゆかりのある宮川大輔吉岡里帆を起用。
・主題歌は、今やコナン映画の顔といっても過言ではない倉木麻衣の「渡月橋 〜君 想ふ〜
など、様々な方面で映画を盛り上げています。

内容は、劇場版にふさわしく序盤から爆破シーン&崩れ落ちる建物から危機一髪スケボーでの脱出劇などド派手な展開と、服部平次・幼馴染の遠山和葉・平次の婚約者と名乗る大岡紅葉が繰り広げるラブコメメインのストーリーになっています。また、「ちはやふる」で世間に知れ渡った競技かるた」の世界観や百人一首の歌の内容が大きく絡んでいて、百人一首には恋愛に関する歌が多いこともあり、それをうまく活かした展開が良かったと思います。

エンドロール後には恒例の次回作予告が入っており、何やら東京都が舞台だと思わせるような内容でした。ということは、次回作は公安警察の所属メンバーが活躍しそうでしょうか。来年も盛り上げてくれそうです。今作の予告編は下記から。

解説・疑問点

Q.犯人がテレビ局を爆破したのはなぜ?
A.犯人の証拠となる血液が付着した「かるた札」の隠滅の為

Q.大岡紅葉は何者?
A.原作第91巻で登場したキャラクター。劇場版と同じく競技かるたの高校生チャンピオンで、耳の良さや推理力から事件の捜査に加わる場面も。

Q.矢島が殺された理由は?
A.かるた札に付着した血液に気付いたため。

Q.関根が狙われた理由は?
A.犯行を名頃のものとする為、名頃会から皐月会に移った(裏切った)選手を狙った。

Q.犯人が皐月邸を爆破したのはなぜ?
A.地下に隠した名頃の死体とかるた札を隠滅したかった為。また、紅葉は関根と同じ理由で、和葉は名頃の得意札が6枚だった為、数合わせとして巻き込んだと思われる

Q.博士のクイズがよく分からなかった。
A.「協議かるたと言えば、その独特なスタイルが日本の伝統的な作業に似ていると言われているが、それは何?」答えは稲刈り。稲刈り=田んぼを刈る=刈る田=かるた。

関連ニュース

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」が歴代最高V、「クレヨンしんちゃん」2位、アニメ作品が上位を独占
劇場版コナン最新作「から紅の恋歌」ゲスト声優に宮川大輔&吉岡里帆!

関連グッズ

渡月橋 〜君 想ふ〜 (名探偵コナン盤)
劇場版 名探偵コナン「から紅の恋歌」オリジナル・サウンドトラック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です