アートイベント

レンズ越しのワンダー!~高橋宣之「横倉山」ネイチャーフォト展

樹齢数百年のアカガシの原生林など、さまざまな植物が自生している越知町の横倉山の魅力を、高知県出身のネイチャーフォトグラファー高橋宣之が撮影したネイチャーフォト展が4月22日(土)から牧野富太郎記念館 展示館 植物画ギャラリーにて開催される。

仁淀ブルーの名付け親としても知られる高橋氏の視点を楽しめる特別展となっており、横倉山の違った魅力を発見できそうです。

レンズ越しのワンダー!~高橋宣之「横倉山」ネイチャーフォト展

日時:2017年4月22日(土)~6月18日(日) 9:00~17:00

場所:牧野富太郎記念館 展示館 植物画ギャラリー

料金:一般 720円 / 高校生以下無料 / 団体 620円(20名以上)

公式ページ:http://www.makino.or.jp/calendar02.html

お問い合わせ:高知県立牧野植物園 / 電話088-882-2601

投稿者プロフィール

admin
admin
コーヒーと音楽をこよなく愛す自称ナイスミドル。 1児の父でもあり県内の公園に出没中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です